売れる営業マンは「ココ」が違う!

売れない営業から売れる営業へ。現役営業マンが売れるためのコツを紹介。

Top > スポンサー広告 > 違う。営業マンはモノを売るのが「仕事」じゃない。 売れる営業マンになるための考え方 > 違う。営業マンはモノを売るのが「仕事」じゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


違う。営業マンはモノを売るのが「仕事」じゃない。

今回は、本ブログの最大のテーマ「営業の仕事」について
持論を書いていきたいと思います。


まず、営業とは一体どんな仕事なのか。
wiki → 営業職

ざっと、営業職が行う職務について書かれている。
項目だけ抜き出すと、

・顧客の開拓
・商品の売り込み
・契約の締結
・既存の顧客ケア
・製品開発部門と顧客との橋渡し
・販売促進・調査
・予算管理、スケジュール管理

上記が大まかな営業職の職務と定義されている。

そこで、あなたが思い描く「営業の仕事」とズレが無いか
確認してもらいたい。
大体あっているだろうか?

当然、あっていると思う。

でも、大事なことがここには書かれていない。
それは、

「営業とは、お客様のブレーンの一員となるということ」


つまり、営業とは

お客様の解決すべき問題や不満を
自社のサービスや商品によって解決してあげる


そんな仕事です。
決して、商品を言葉巧みに操り売りさばくのでは無いのです。

想像してみてください。

・あなたの車が壊れたときに持ち込む整備工場はですか?
・あなたが体調を崩したときに、いつも通う医者はどこですか?
・あなたの確定申告は誰に相談しますか?
・あなたの大事なモノや事柄において、家族・友人知人以外に相談するのは誰ですか?

ここで、様々な人や店、企業が思い浮かんだと思います。
要は、お客様のその中の一員になる。というのが営業の仕事なのです。

・車が壊れたから○○さんに電話しよう
・税金についてわからないから○○先生に相談しよう
・土地についてわからないから不動産屋さんに行こう

この、○○さんに、貴方がなればよいのです。
それが、本来の営業マンのあり方だと私は考えます。
その中に、金銭の額というのは一つの要素でしかありません。
○○さんだから・○○という企業はここが良いから
といった理由で選んでいただくのが、最良なのです。

まさに、セルフブランディングですね。

もう一度、あなたの頭の中にある「営業マンの仕事」の定義をアップロードしてみてください。




関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿

Secret

プロフィール

MASK

Author:MASK
初めまして。高校在学中のガソリンスタンドのアルバイトから始まり、放浪の旅など様々な経験をしてきました。そして高卒ながら一部上場企業を経て現在は広告代理店の営業で最前線を突っ走っております。営業しまくってわかったこと、No.1営業マンになったからわかったこと、転職をしたからわかったこと。全て包み隠さず書きます。是非日々の営業活動のエッセンスにしてください。これは営業マンのためのブログです。少しでも私の言葉がお役に立てたら幸いです。下記メールフォームよりメールでの御相談も受け付けております。

シェアする?        
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事を見る

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


ビジネス人気ブログを見る
記事を読んで共感していただけたら
応援よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。