売れる営業マンは「ココ」が違う!

売れない営業から売れる営業へ。現役営業マンが売れるためのコツを紹介。

Top > スポンサー広告 > 「忙しい」という言葉があなたを本当に忙しくさせる 売れる営業マンになるための考え方 > 「忙しい」という言葉があなたを本当に忙しくさせる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「忙しい」という言葉があなたを本当に忙しくさせる

「あ~忙しい、忙しい。」

あなたの周りにもいませんか?
こんな人。

•何かと口を開けば忙しいのオンパレード。
•常に忙しいアピールをしてくる
•でも、何故そんなに忙しいのか不思議

きっと一人はいるんじゃないですか?

忙しいという言葉は、営業マンにとってNGワードです。私はたとえ忙殺されようが、忙しいとは絶対に言いません。

何故なら!


忙しいとよく口に出す人は全く信頼感が無いからです。
自分で遠回しに仕事を断ってると一緒ですよ。

「あいつはいつも忙しいと言ってるから頼むのを辞めておこう」

こうなるわけです。もう余裕なんて感じられ無いから、人から信頼して物事を頼まれることが無いのです。

しかも、

忙しいと良く言うクセに仕事は他の人より遅い。
忙しいのを理由に、本来やるべき事まで後回しにしている。
など、

「忙しいと良く言うクセに、サボってるだけじゃないのか?」

とまで受け取れる人もいますね。

年度末や連休前後など、忙しいのは確かにわかる。誰だって忙しい。
でも、それを余裕でこなすのが、
できる営業マンです。

とにかく忙しく、余裕もないくらい仕事が舞い込んで来ても、忙しいとは絶対に言ってはいけません。
例え、「あいつはいつも忙しそう」と思われても自分から言ってはいけません。

そうやって、あなたは「仕事の出来る営業マン」という評価をされてゆくはずです。

コツとしては、口に出して「余裕です。」とアピールすること。まだキャパシティは残ってますよ。と、余裕ぶっこいて構えるのが良いですよ。
すると、自然にどんなに忙しくても余裕を持って物事が考えられるようになりますから。


いやーほんと年度末は忙しいわ。









関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿

Secret

プロフィール

MASK

Author:MASK
初めまして。高校在学中のガソリンスタンドのアルバイトから始まり、放浪の旅など様々な経験をしてきました。そして高卒ながら一部上場企業を経て現在は広告代理店の営業で最前線を突っ走っております。営業しまくってわかったこと、No.1営業マンになったからわかったこと、転職をしたからわかったこと。全て包み隠さず書きます。是非日々の営業活動のエッセンスにしてください。これは営業マンのためのブログです。少しでも私の言葉がお役に立てたら幸いです。下記メールフォームよりメールでの御相談も受け付けております。

シェアする?        
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事を見る

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


ビジネス人気ブログを見る
記事を読んで共感していただけたら
応援よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。