売れる営業マンは「ココ」が違う!

売れない営業から売れる営業へ。現役営業マンが売れるためのコツを紹介。

Top > スポンサー広告 > 間違えないで欲しい。お客様とは常に対等だ。 売れる営業マンになるための考え方 > 間違えないで欲しい。お客様とは常に対等だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


間違えないで欲しい。お客様とは常に対等だ。

今回は、「提供する側と客の立場関係」について書きます。

営業マンからすれば、苦労してやっととれた契約の「お客様」は、とてもありがたく尊い存在になりがち。

良く聞く言葉、

「お客様は神様です」

もこういった理由からきているのでは。

確かに商売はお客様なしには成り立ちませんし、お客様がお金を払ってくれるからこそ商売は成り立ちます。


が、しかし。
ここで私は文字を大にして言いたい。


「お客様は神様かもしれないが、神様を選ぶのは私たちだ。」


客という立場を理由にして、偉そうな態度をとる人間がいかに多いことか。
日本は世界にないきめ細かなサービスが売りだか、行き過ぎじゃないのか?とすごく思う。全てに期待しすぎた。

•時給数百円のマクドナルドのバイトにキレる客

•携帯電話ショップでキレる客

•契約してから値切る客

•契約を簡単に反故にする客


あげ出したらホント、キリがない。
あなたも一度は「客」にキレそうになったことはないだろうか?

無いならあなたは聖人か何かだ。

「おもてなし」か何かしらないが、たかだかファストフードの接客で気持ち良さは求めないし、そこらへんの居酒屋で立て膝ついて注文聞いてもらう必要もない。そこにクレームをつけるのはそもそも「お門違い」だ。

彼らは時給数百円の給料で高いクオリティを求められているのに他ならない。安かろう悪かろうでないが、金額相応のクオリティってのは納得するべきだ。

逆を言えば、ホテルの高級レストランで横柄な態度で接客をされたら当然私も文句の一つも言いたくなる。なぜか?
サービス料と場所代というところまでお金を支払っているからだ。


本来、売買契約と請負契約は、

「これだけのお金を払うから、相応の業務と商品を提供してね」

と、

「これだけのサービスと商品を提供するから、相応の金額を払ってね」

という双方が合意し、その合意した金額をやりとりするのがそれだ。

つまり、立場は対等だ。
そこを勘違いしないでほしい。

•「買ってやったから」

•「契約してやったから」

•「こっちは客だぞ」

言葉にはしなくとも、こんな態度を取ってくる人間はそもそも「客」ですらない。ただの勘違い野郎だ。
そんな奴らこっちからお断りだ。そんな奴らとする取引なんてたかがしれてる。長い目で見て、あなたに悪い影響を及ぼすのは明らかだ。


あなたも、「ありがとう」と言ってもらえる本当のお客様に早く出会って欲しい。


















関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿

Secret

プロフィール

MASK

Author:MASK
初めまして。高校在学中のガソリンスタンドのアルバイトから始まり、放浪の旅など様々な経験をしてきました。そして高卒ながら一部上場企業を経て現在は広告代理店の営業で最前線を突っ走っております。営業しまくってわかったこと、No.1営業マンになったからわかったこと、転職をしたからわかったこと。全て包み隠さず書きます。是非日々の営業活動のエッセンスにしてください。これは営業マンのためのブログです。少しでも私の言葉がお役に立てたら幸いです。下記メールフォームよりメールでの御相談も受け付けております。

シェアする?        
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事を見る

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


ビジネス人気ブログを見る
記事を読んで共感していただけたら
応援よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。