売れる営業マンは「ココ」が違う!

売れない営業から売れる営業へ。現役営業マンが売れるためのコツを紹介。

Top > スポンサー広告 > 気合でどうにもならない時もあるという事を考える 売れる営業マンになるための考え方 > 気合でどうにもならない時もあるという事を考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気合でどうにもならない時もあるという事を考える

「気合いだー!」

月末ともなると、こんな声が聞こえてきそうです。朝っぱらから大きな声で目標の発表、月末数字の読み合い。未達の営業マンは上司から発破をかけられ、虚ろな目で生返事。

また今月もどこかの会社でそんな光景が繰り広げられるのではないでしょうか。

確かに、気合いは大事です。
気持ちで負けたら終わり、もう前には進めません。私自身、気合いと根性で乗り切ったことなんて今までも何回もあります。


…しかし。


「気合い」でも、どうにもならない時だってあります。

もう、現実的に「無理だ」とわかった時。いくらどうあがいても、物理的に無理なんてことザラにあります。
いくら気合いや根性でも、リカバリーできないものはできないのです。

そこで、いかに気持ちを切り替えるかが私は重要だと考えます。言い方を変えると、

いかに開き直れるか?だと思います。

もう今月の目標には届かない。
ではどうするか?

•来月のための見込み客を発掘する

•今月の仕事に線引きをし、来月以降の仕事をする

•今月未達に終わる原因を明確にする

など。冷静になればやるべき事は色々見えてくるはずです。早々に白旗をあげて、諦めろって意味ではありません。

そもそも、「気合だー!」なんて言葉が出てくる方がおかしいのです。
営業マンの仕事は3ヶ月後に結果が現れると言います。つまりあなたの行動は3ヶ月後に結果として現れるのです。逆に、あなたが今数字に苦しんでいるのならば3ヶ月前を思い返してみてください。原因が見えてきませんか?

気合いでカバーするにはもう遅すぎるのです。

そこで、「もう気合でもなんでもこれ以上は無理だ!」ってラインまではとことん挑戦して、無理なのがわかったらサッと次に切り替える。

気合でカバーできる部分なんてそこまで多くないはずです。だから無理をせず、次のステップの準備をしたらいかがでしょうか。心配しなくても来月もその翌月も、あなたにはやるべき数字があるのですから。

気合いでなんでも出来たら営業マンは必要ないですからね。

さっ、今月も気合いで頑張ります!!








関連記事
スポンサーサイト


コメントの投稿

Secret

プロフィール

MASK

Author:MASK
初めまして。高校在学中のガソリンスタンドのアルバイトから始まり、放浪の旅など様々な経験をしてきました。そして高卒ながら一部上場企業を経て現在は広告代理店の営業で最前線を突っ走っております。営業しまくってわかったこと、No.1営業マンになったからわかったこと、転職をしたからわかったこと。全て包み隠さず書きます。是非日々の営業活動のエッセンスにしてください。これは営業マンのためのブログです。少しでも私の言葉がお役に立てたら幸いです。下記メールフォームよりメールでの御相談も受け付けております。

シェアする?        
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事を見る

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ


ビジネス人気ブログを見る
記事を読んで共感していただけたら
応援よろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。